弱点は「電池の容量」

「持ち運べるインターネット」として重宝しているイー・モバイルですが、一つだけ難点を挙げるとすれば、「電池の持ち具合」でしょう。

私は普段ケーブルを持ち歩くのが面倒くさいので無線通信で使用しているのですが、これをしているとあっという間に電池がなくなってしまう事があります。

時間にして1?2時間くらいでしょうか。

これでは、ちょっとカフェに入って数時間集中したい、というとき、突然インターネットが使えなくなってしまい、泣く泣く家に帰って作業の続きをやる、ということになってしまいます。

USBケーブルを持ち運べれば、パソコンにつないで充電しつつ、無線ではなく優先でデータのやり取りができるので、電池消費の問題は全くなくなるので、これは個人的な問題なのかもしれませんが、なるべく荷物を減らしたい私としてはこの点は大きいです。

使っている感覚としては、通信する量、回数が多いと持つ時間も大幅に変わるので(当たり前?)、なるべく出先では作業用にBGMをyoutubeで再生しっぱなしにしたり、無駄にインターネットでうろうろしたり、Gmailのように定期的に通信するようなページは閉じたりと工夫しています。

最近は電池の持ちが良いAndroid端末も出てきていますので、同じような技術でイー・モバイルの電池容量も増えてくれると、もっと便利になるのではないかと思います。

コメントを残す