どうやらワイモバイルは格安SIMでも大人気みたいらしい

ワイモバイルは昔のイー・モバイル時代からWi-Fiルーターというイメージだったが、最近は格安SIMに切り替えてきているみたいだ。

CMでも格安スマホ(格安SIMとスマホが一体にったもの)で携帯料金が安くなる訴求をしているし、実際に乗り換える人が多いみたいだ。

ワイモバイルが格安SIMを売り出した理由にはソフトバンクの事情もある。

格安SIMのほとんどがドコモ回線を利用している。携帯料金が高いと思って格安SIMに乗り換える人が増えれば、必然的にドコモのユーザー数が増えてau・ソフトバンクのユーザー数は減っていく。

携帯キャリアにとって契約者数は大事な指標だ。純減するなんてことはあってはならない。ただ、ソフトバンクで安売りすることはできないので、そこでグループ会社のワイモバイルの出番というわけだ。

元々ワイモバイルは自社網で通信をするMNOなので、ドコモの格安SIMサービスよりも高品質の通信で、弱点である昼の速度低下とも無縁だ。

ワイモバイルの弱点を挙げるとすれば、それは契約が2年タイプしかないことだ。格安SIMにみられる縛りなしや1年といった短いものはない。

ただ、縛りが長くなる代わりに通信料金が安くなる月額割引や10分かけ放題といったメリットもしっかりある。

とくに月額割引はスマホ機種によって変化するが、一部機種では実質負担0円でスマホが持てるのが大きな魅力だ。

スマホを安く持ちたい、ネットの速度に妥協したいくない人にワイモバイルの格安SIMはおすすめだ。

SIMのみでもキャンペーンを実施しているので、詳しくはこちらのワイモバイルのSIMキャンペーンをみてほしい。

この記事が参考になれば幸いである。

自分で考えてネット環境を作れる時代。

私は今ウイルコムのスマートフォンを使用しています。
とても電波が弱くてすぐに圏外になってしまうし何かとストレスを多く感じてモバイルWiFiルーターを購入しようか考え中です。
友達がドコモのスマホ持ちで通信制限がかかってしまうので快適なネット環境を作るためにWiMAXを契約したそうですがサクサクとネットに繋がりとても便利だそうです。
ある知り合いはiPhoneにソフトバンクのWiFiルーターを持ったそうですがすごくネットの繋がりが悪くとても使いにくかったそうです。
WiFiルーターの種類で通信速度も左右されるみたいでどこのものを使うかとても慎重に考えた方がいいみたいです。
私はいい節約法としてiPodタッチを購入してモバイルWiFiルーターも一緒に持ちながらネットにつないで電話機能のない携帯として使用して電話はラインの無料通話ですまして月額料金を安く済まそうかと考え中です。
普通に機種を買い分割で払っていくと月々の料金が一万近くしそうでiPodタッチはiPhoneと構造がほとんど同じなようでそこまでのクオリティーや通信速度を求めないのであればiPodタッチでも充分だと思います。
今の時代はネット環境も自分で考えて作れば料金も安く押さえれると思いますしスマホも一種の消耗品なので2年単位くらいで機種変するくらいであれば少し型の古いスマホでネット環境を作る方が賢いような気もします。

モバイルルーター買い換えようかな

一番最初に出たイー・モバイルのモバイルWiFIルーター、PocKetWiFIを持っています。iPod touchとの組み合わせで結構便利に使っていたんですが、ケータイをiPhoneに買い替えたのを機会に契約変更して、寝かしている状態になっていて、解約も考えていたところでした。
ところが、最近、Androidのタブレットを買って使うようになりました。このタブレットは、家ではWiFIで接続して使っているのですが、外出先ではネットが使えないのでちょっと不便に思うようになってきました。

やっぱり外でつなぎたいし、どうしようかな、公衆WiFIだといつも使えるわけじゃないし、とりあえずPocketWiFI復活させようかなと思っていました。

先日会った友達にそれを話したところ、「イーモバイルの契約がまだあるなら、端末、買い替えたら?」と言って、最新のLTE端末を持ってきて見せてくれました。やはりLTEっていいですね。とても接続スピードも速くなっていて快適な感じです。

端末自体も前よりも設定もわかりやすくなっていてとてもよさそうに思えました。何よりも昔の私が持っているルーターよりも安定して接続できるみたいで、かなり使用感が改善されているということです。かなり欲しい度が上がってきました。あとは、どの端末にするかですが、これは実際に見て決めたいなと思っているところです。

地方でのWiMAX使用感

私の住んでいるのは香川県にあるのどかな田舎町なんですが、通信環境は非常に劣悪です。

自宅は光回線の未対応エリアなのでADSLを使っていますが、こちらも基地局から遠いせいでISDN並みの通信速度で毎日イライラしています。それならWiMAXはどうなのかと考えて1週間ほどWiMAXの機材をお試しでレンタルしていたのですが…電波が入りません。

一度もWiMAXでの通信はできませんでした。ネット上の対応エリア情報では○がついていたのですが、案外あてにならないものですね。後になって分かったことですが、WiMAXがまともに機能するのは町の中心部や電車の駅周辺だけだそうです。

お試しにして正解、有線でないので少々不安があったのですが、それが現実に起きた感じです。期待していたのですけど、本当に残念な結果となりました。

もしWiMAXを使おうと思うなら、最低でも自宅で使えるかどうかは確認するべきですね。
前述のとおり実際に確かめないと自分の環境で使えるかどうかは分かりませんので、導入を検討されている方はどうか慎重になってください。

契約するのは電波状況を確かめてからでも遅くありません。対応エリアをもっと広げてほしいなと思います。

スマホやタブレットでガンガン動画やゲームで楽しみたいのですけどね…

WiMAXとイー・モバイルどっちがイイの?

WiMAXとイー・モバイルはWiFiルーター界において二大巨頭と言えます。それぞれストロングポイントがあります。

まずWiMAXは使い過ぎによる帯域制御と呼ばれる通信制限がありません。厳密には新規格のWiMAX2+から規制がかかるんですが、どんなに早くても2年後の話です。今まではスピードがネックだったんですが、WiMAX2+の登場で弱点は克服できそうです。

イー・モバイルは何と言っても世界で一番利用されているLTEの周波数帯を所有しているのでこれからが楽しみな会社であります。携帯電話に参入したのが他キャリアと比べて後発なので基地局などの設備が新しいので、3GからLTEへの切り替えが速いです。弱点は今年の5月から始まる通信制限です。月に10GBを超える通信を行うとスピードが制限されます。固定回線の代わりとして使う方には少し厳しいです。

それぞれメリット、デメリットがあるので自分の使い方に合わせてキャリアを選択するのが何よりも大事です。優先順位が高い項目別にしっかり比較しましょう。

あとおすすめしたいのが、キャリアの特徴を一覧でまとめて比較してあるまとめサイトです。そのサイトだけで完結するので分かりやすいです。下に私おすすめの比較サイトをご紹介します。

イー・モバイルは今後どのような展開をしていくのでしょうか。

ここに来てイー・モバイルの挙動がよくわからなくなって来ているような気がします。

新しく発売されたイー・モバイル名義のスマートフォンも中身に注目すると、そのほとんどがソフトバンクが提供しているサービスを利用するためのものになっています。

またこのスマートフォンでは、イー・モバイルが提供しているLTEエリアなどは一切使えないというのです。全くもってイー・モバイルの名義を使っている意味が理解に難しい機種となっています。

また、これも先日発売されたモバイルWi-Fiルータですが、これも名義はイー・モバイルにも関わらず通信エリアのメインとなっているのは、ソフトバンクが提供しているAXGPと呼ばれる高速データ通信サービスとなっています。

これでは、イー・モバイルの名義である必要が本当にあるのだろうか、疑問しか出てこないスマートフォンや、モバイルWi-Fiルータとなっています。

これもソフトバンクへの傘下が原因なのでしょうが、一体どのようにして行きたいのか全く検討がつかない状況なのです。こうしてイー・モバイルは自社の名前のままで、ソフトバンク製品を出し続けることになるのかも知れません。

もしかすると、iPhone用にLTEの環境を提供し、アンドロイドフォンにAXGPの環境を適用させていこうとしているのかも知れません。そうなれば、iPhone5に回せるLTE回線を確保できるようになるからだと考えています。

インターネットが快適

イー・モバイルとは、携帯電話のブランドを指します。
どんなものを提供しているのか、とピンと来なくても、名前だけは聞いたことがある、というひとは多いのではないでしょうか。

イー・モバイルには素敵な要素がたくさん詰まっています。
中でも、とても魅力的だと個人的に思ったことは、月々の料金が3,880円だということと、インターネット動作がとても良いということです。

以前使用していたスマートフォンが、極めて初期のころに発売されていたものだということもあり、インターネットの動作があまりにも悪かったことがきっかけで、この言葉にはとても興味を惹かれました。
Twitterを開いてもツイートを読み込むのに1分以上、画像はちっとも表示されない、少しでも重くなるとブツンと画面が落ちる…。
むしろ起動しないほうが心穏やかに過ごせるんじゃないか、とさえも思うような賛嘆たるものでした。
しかし、イー・モバイルに乗り換えてから話はガラリと変わりました。
先にも述べたように、インターネット動作がとてもサクサクなので、ストレスが溜まらずに気持ちよく操作できるのです。
望んだ動作を、望んだ瞬間にできるというのは、想像以上に素敵なことでした。
もし、インターネット動作がサクサクできるものをお探しなら、ぜひイー・モバイルをオススメします。

契約も解約もお手軽!

イー・モバイルはもはや日本の移動型の通信端末として大きな領域を占めているといっても過言ではありません。ソフトバンクの買収以降、戦略のためコマーシャルでの露出は心持少なくなったような気がしますが、いまだに家電量販店の通信端末を販売するコーナーでは大きな一角を占めていますし、利用者もかなり多いです。
こうした通信端末の契約は通常二年や一年などの有期の契約であることがほとんどです。端末代金がほぼゼロ円で手に入る一方、日々の通信料金でその分を回収するため、利用料金の目安との兼ね合いからいくと二年ほど使ってもらわないと割に合わないのでしょう。
またワイマックスなど競合する他社の勢いもすごいので、どうしても解約に時間がかかる、説得されるイメージがありますが、実際にはかなりスムーズに解約が可能です。直接イー・モバイルに電話しなくても家電量販店などにある窓口に持ち込むことで解約手続きをやってもらうことが可能です。
契約も簡単で、わざわざ一度自宅に持ち帰って電波のチェックをした上で使うかどうか判断させてくれましたし、書類をいくつか記入するだけですぐに契約できました。
引越しの多い人には回線の速度も速いですし、イー・モバイルはおすすめです。

弱点は「電池の容量」

「持ち運べるインターネット」として重宝しているイー・モバイルですが、一つだけ難点を挙げるとすれば、「電池の持ち具合」でしょう。

私は普段ケーブルを持ち歩くのが面倒くさいので無線通信で使用しているのですが、これをしているとあっという間に電池がなくなってしまう事があります。

時間にして1?2時間くらいでしょうか。

これでは、ちょっとカフェに入って数時間集中したい、というとき、突然インターネットが使えなくなってしまい、泣く泣く家に帰って作業の続きをやる、ということになってしまいます。

USBケーブルを持ち運べれば、パソコンにつないで充電しつつ、無線ではなく優先でデータのやり取りができるので、電池消費の問題は全くなくなるので、これは個人的な問題なのかもしれませんが、なるべく荷物を減らしたい私としてはこの点は大きいです。

使っている感覚としては、通信する量、回数が多いと持つ時間も大幅に変わるので(当たり前?)、なるべく出先では作業用にBGMをyoutubeで再生しっぱなしにしたり、無駄にインターネットでうろうろしたり、Gmailのように定期的に通信するようなページは閉じたりと工夫しています。

最近は電池の持ちが良いAndroid端末も出てきていますので、同じような技術でイー・モバイルの電池容量も増えてくれると、もっと便利になるのではないかと思います。

意外とパソコン以外の用途がメインのイー・モバイル

最初は一人暮らしで使用するパソコンの通信用に契約したイー・モバイルですが、思わぬところで活躍することがいくつかありました。

まず、ニンテンドーDSやPSPなどのゲーム機器です。これらのゲーム機は、WiFiを使用して通信することでゲームをオンラインで購入したり、特定のゲームで使えるアイテムを特典という形でダウンロードしたりと、遊ぶのをさらに楽しくしてくれるので、料金が変わらず5台まで同時にWiFiが使用できるイー・モバイルはとても便利です。

また、iPadやiPadのWiFiモデルなど、端末自体が回線を契約しているわけではない携帯機器についても同様です。

特にLINEやスカイプなど、データ通信でメールや通話ができるサービスが普及した現在、例えばわざわざiPhoneを契約しなくても、iPodとイー・モバイルさえあれば携帯電話と同じ感覚で使う事だってできてしまいます。(電池の問題なんかがあるので多少の工夫は必要ですが)

また、iPhoneを使っていても、大容量のアプリはWiFi回線でないとダウンロードできなかったりするので、こんな場合も通信をイー・モバイル経由にするだけで、その場でダウンロードできてしまいます。

この通り、パソコンで使うだけでなく、「携帯できる無線通信」というのは至るところで役に立つので、確実に使用料以上の働きはしているのではないかと思います。